コスパが良い、スッキリ爽酒

晴れている日は、ほのぼのとした陽気からだんだん暑く感じてくるようになってきましたね”(-“”-)”

暑くて汗をかいた日なんかはやっぱりビールが美味い!

ですが、汗はかかないけど暑いなぁって日には、冷たい日本酒が身にしみますよ(^^♪

池月 吟醸みなもにうかぶ月

石川県の中で一番スッキリしたお酒といえば、このお酒ではないでしょうか(^^♪

冷やしておいしい、スッキリ軽快、女性に好まれるお酒と、とても飲みやすくてオススメです。

吟醸と銘打ってますが、精米歩合は50%なので大吟醸と変わりません。

ですから、香りも心地よくとてもスッキリとしているので

香りを楽しんでいる間に口の中のお酒がいつの間にかなくなっているということもよくあります。(笑)

しかも、米の旨味も舌の端から感じられるので、味わいが物足りないということもありません。

水みたいにスイスイのめる日本酒とはこのことか!と思うようなお酒です(^^♪

価格も1680円と、吟醸酒と比較したら高く感じるかもしれませんが、このお酒は大吟醸クラスと変わりないので

大吟醸で1680円!と思ったらコスパも非常に高いと思います!

吉田蔵 大吟醸

吉田蔵 大吟醸はとても飲みやすくスッキリとしています。

香りはおだやかに、メロンのような柔らかく甘い香りが感じられます。

米の旨味も感じますが、旨味を探っているうちに、あっという間に口の中からなくなります。

二口、三口とのんでいくうちにだんだんと旨味も感じられ、お酒だけでもすぐになくなっちゃいますね(^^)

また、吉田蔵は金沢の料飲店でもよく見かけるお酒です。

吉田蔵は、「大吟醸なのに安い」というイメージがある方も多いかと思います。

その吉田蔵は、昨年から地元に根差した酒造りを目指して生まれ変わりました。

石川県白山市の山島で栽培したお米、白山の水、金沢酵母と、オール石川県産の酒造りを目指し、地元を支えるお酒となりました。

そのため、これまでよりも米の旨味を感じられるようになり、旨い酒としてオススメしたくなるほどです(^^♪

これだけ進化した吉田蔵ですが、それだけこだわりをもつとコストがそれなりにかかってしまいます。

高くて旨いは当たり前ですよね。

しかも、吉田酒造さんは造りも丁寧だし設備も整っているので、コストをかければそれだけのクオリティのお酒になります。

その中、吉田蔵 大吟醸はなんと1400円。。。ほかの大吟醸は涙目ですね(;・∀・)

旨いお酒を探せばほかにもたくさんありますが、コスパの観点からいえば吉田蔵の大吟醸は最高クラスなのではないでしょうか。

加賀ノ月 満月 純米吟醸

加賀ノ月 満月 純米吟醸もスッキリとしていてオススメです。

口に含むと華やかな香りがふわっと感じて、スッと喉から抜けていきます。

ただ、先ほどの2本と違い、このお酒は純米吟醸と、唯一の純米酒です。

純米酒は米の旨味が感じられて、味わいのあるお酒ってイメージがあるのではないでしょうか。。

この加賀ノ月 満月は米の旨味がしっかりと感じるのですが、スッといつの間にか口の中からお酒がいなくなっています。マジックみたいにパッと消えます(笑)

加賀ノ月 満月もスッキリしているしコスパも良いって点で非常にオススメです(^^♪

加賀ノ月 満月 純米吟醸は1250円で、お土産としても使いやすく人気です。

ちなみに、ここの蔵元で修行していたから余計に徹底してることなのですが、

加賀ノ月の「ノ」はカタカナが正しいです。

間違って「加賀の月」としてしまうと・・・(ー_ー)!!

フォローはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます

お電話でのお問合せ:076-249-3608 (8時~20時)

FAXでのお問合せ:076-249-2902

メールでのお問合せ:info@shodashuhan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です